シナの遊戯王相場ドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナの遊戯王相場ドットコム

遊戯王カードの相場をわかりやすく紹介するブログ

【遊戯王】1月の制限改定は十二獣は確定!?規制されるカードは!?

どの大会結果でも十二獣しかいない・・・

 

どうも、アンティークギアデッキを崩し、次どんなデッキを作ろうか悩んでいる管理人です。

 

毎度デッキ作成の選別の際は、「遊戯王☆カード検索」の

 

f:id:yugiprice:20161130001114p:plain

 

「ランキング」から

 

f:id:yugiprice:20161130001241p:plain

 

 

閲覧数の「デッキ集」を見て、今どんなデッキがはやっているのかなぁとみているのですが、十二獣が半分を占めていますね・・・

 

ということは十二獣は作るのはやめた方がよさそうです。

 

なぜかといいますと、

 

1月に制限改定があります。皆さんもほぼほぼ予想はされると思います。そう・・・

 

十二獣規制不可避説!!!

 

※もちろん規制されない可能性もありますが・・・w

 

 

なぜ管理人がそう思うのかを今回考察してまいりたいと思います。

 

 

あまりにも強いテーマは容赦なく規制!!

 

あらゆるテーマデッキが創造され、そのカードバランスというものはやはり、世にわたってから見直されるのが遊戯王の醍醐味みたいなものです。

 

正直十二獣のカードパワーは最近でわかりやすいものだとすると、EMEmや、征竜、インゼクターなどの類に入ると思います。

 

そのようなテーマデッキは確実に規制が入りやすくなります。

しかも結構速く・・・

 

 

速く・・・というのも2013年9月から制限改定をリミットレギュレーションという名前に変更され、制限改定が6か月に1度の改定でしたが、リミットレギュレーションになってから3か月に1回となっております。(プレイヤーもカードショップもつらいw)

 

というのも、予想以上に強くなってしまったテーマに抑制をかけやすくなったというのがリミットレギュレーションの魂胆なのです。

 

誰が抑制をかけるかって?もちろん

 

神(KONAMI)ですw

 

 

規制をかけられやすい特徴は?

規制をかけられやすいカードの特徴といたしましては

 

・他テーマに出張されやすい

・カード1枚だけで機動力がある

・凶悪なドローソース、またはサーチ

・遅延しやすい(一時休戦など)

 

などの印象を受けます。

 

1月の制限改定にかかりそうなカードは?

 

シナ管理人予想といたしましては

 

十二獣モルモラット

 

f:id:yugiprice:20161130003946j:plain

 

 

十二獣の会局

 

f:id:yugiprice:20161130004055j:plain

 

炎舞-「天璣」

f:id:yugiprice:20161130004108j:plain

 

SRベイゴマックス

f:id:yugiprice:20161130004146j:plain

 

 

ユニオン格納庫

f:id:yugiprice:20161130004209j:plain

 

 

上記のカードが非常に可能性が高いかと思われます。

あと、ABC、ブルーアイズも怪しいですが、やはり主人公、ヒロインwデッキなのでコナミさんが規制をかけるのはまだ先と期待をこめたいところですが、どうなるのしょうか・・・

 

追記

1月の制限解除が確定しました。よろしければまとめておりますのでご確認ください!

 

www.yugioh-sinaprice.com

 

 

それでは最後まで見ていただき、ありがとうございました。
状況変化ありましたらご連絡いたします!