シナの遊戯王相場ドットコム

シナの遊戯王相場ドットコム

遊戯王カードの相場をわかりやすく紹介するブログ

今年の遊戯王の売上低迷を、LINK VRAINS PACK以降で回復させようとしているのでは!?

カードゲーム業界全体の売上が減っている模様・・・

 

どうも、管理人のシナです。

 

今回は、文章力のない管理人が最近思ったことを垂れ流す回です。

 

 

 

twitterを開いていると、あの有名な池っち店長さんのツイートが流れ、拝見したところ・・・

 

9月までの遊戯王の売上が昨年対比48%という現状だそうです。

 

確かに・・・遊戯王をメインに構えていた多くのカードショップは4~7月の間で閉店されるお知らせがtwitterでよく見かけた気がします・・・

 

 

カードショップの店内状況を見ると、遊戯王の棚が減り、デュエルマスターズ、ヴァンガードの棚が増加傾向にあるのも伺えます。

 

 

管理人が思う遊戯王低迷理由は

 

・遊戯王ルール大幅改変によるユーザー減少

・遊戯王パック等の内容低迷

 

が大きな理由です。

 

 

コナミさんが考えている今後のビジョンとして

 

 

・遊戯王ルール大幅改変によるユーザー減少

         ↓

この問題を「LINK VRAINS PACK」で解決し

 

・遊戯王パック等の内容低迷

       ↓

「RARITY COLLECTION」で売上増大

 

 

で軌道修正を行おうとしているのではないかと思います。

 

 

LINK VRAINS PACKで、既存テーマの展開を大幅に増やしてくれる!?

 

 

 

 

LINK VRAINS PACKは既存テーマを新規リンクモンスターにて強化するのが目的となっています。

 

20種類のテーマが強化されるということなので、今まで展開できなかった、または召喚さえ難しいモンスターをより簡単に召喚出来るようになる可能性が高いです。

 

現在判明しているものでも、テーマに縛られているわけではなく、汎用性の高いカードもあるので、リンクを推しつつ、マスタールール3のような展開スピードに近づけようとしていると思います。

 

そして、ルール改変により、離れてしまったユーザー回帰をこのパックで狙っているのではないかとも思います。

 

 

 RARITY COLLECTIONはリーサルウェポン!?

 

 

レアリティコレクションは2014/12/20に発売されて以降、シリーズ化されていませんでした。

 

このパックは発売以降すぐに売切れになり、プレミア化するほどの人気の商品でした。

 

 

 

当時のレアリティコレクションは発注時に、コナミの社員さんから

 

「これは出来るだけ多く発注しておいてください!!」

 

と念を押されるほどの商品だったので、

 

毎回出すわけではなく、売上向上のための最終兵器として用意されたものかもしれません。

 

そう考えると、今のタイミングでレアリティコレクションを商品化するのが現在の遊戯王低迷回復の1番の起爆剤になる・・・かも

 

 

 最後に・・・

 

最終的に何を言いたいかと言うと11~2月の年末商戦期間中で発売される

 

 

 「LINK VRAINS PACK」

「RARITY COLLECTION」

 

 

この2つは予約しておかないとまずい気がする!!

 

と思った管理人でした。

 

 

みなさんは今後の遊戯王の売り上げ、どうなると思いますか!?

 

よかったらコメントいただけるとうれしいです。

 

全力で返します!!

 

それでは・・・