シナの遊戯王相場ドットコム

シナの遊戯王相場ドットコム

遊戯王カードの相場をわかりやすく紹介するブログ

2018年10月からのリミットレギュレーションが判明!!サモン・ソーサレスが・・・

2018年10月からの制限改訂は!?

 

どうも、管理人のシナです。

 

2018年10月から適用されるリミットレギュレーション(制限改訂)が判明しました。

 

情報源は「遊戯王.jp」にて

https://yu-gi-oh.jp/index.php?page=details&&id=379

2018年7月から9月までの環境デッキは・・・

2018年7月から9月いっぱいの環境デッキとしては

 

「閃刀姫」

「オルターガイスト」

「剛鬼HERO」

「サンダードラゴン」

 

が活躍していました。

 

「閃刀姫」は前回のリミットレギュレーションで【閃刀機-ホーネットビット】が制限になったのにも関わらず、安定したデッキコンセプトと、【閃刀起動-エンゲージ】のアドバンテージ力の強さでトップシェアとなっていました。

「オルターガイスト」も安定したデッキテーマとなり、オルターガイスト専用罠の強力なモンスター無効効果や、妨害を防ぐ効果でアドバンテージを取らせないビートダウンデッキ。

「剛鬼HERO」はトロイメアやFWDを使用した先行、後攻どちらでも展開出来る制圧能力と即効性で環境に躍り出ているテーマです。エクストラリンクも必要枚数が少ない中で容易に出来るデッキなので、管理人も一番苦手なデッキコンセプトでした。

「サンダードラゴン」は容易な融合召喚条件から、強力な融合モンスターの効果で制圧するデッキテーマ。

サーチ不可効果と対象を取らない破壊が可能な状況を作れるので、使用者も多いデッキコンセプトでした。

 

 

規制警戒されていたカードは・・・

 

 

 

今回10月のリミットレギュレーションに規制されそうなカードとしては、

 

【水晶機巧-ハリファイバー】

【サモン・ソーサレス】

【ファイアウォール・ドラゴン】

 

などが規制されるのではないかという懸念から、カードショップが規制間近になって特価で販売されている店舗がございました。

 

 

特に【水晶機巧-ハリファイバー】に関しては、9/22に発売する【ストラクチャーデッキR アンデットワールド -】にて収録される【グローアップ・ブルーム】の効果が強すぎてハリファイバー禁止フラグか・・・という意見が多数あったそうです。

 

 

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル5以上のアンデット族モンスター1体を手札に加える。
フィールドゾーンに「アンデットワールド」が存在する場合、
手札に加えず特殊召喚する事もできる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

 

2018年10月からのリミットレギュレーション(制限改訂)は!?

 

禁止カード

アマゾネスの射手

メガキャノン・ソルジャー

サモン・ソーサレス

 

 

新制限カード

Emダメージ・ジャグラー

嵐征竜-テンペスト

トロイメア・ゴブリン

ヒーローアライブ

封印の黄金櫃

 

 

準制限カード

オルターガイスト・マルチフェイカー

ブリューナクの影霊衣

彼岸の旅人 ダンテ

閃刀機-ウィドウアンカー

閃刀起動-エンゲージ

超融合

隣の芝刈り

真竜皇の復活

破壊輪

 

制限解除カード

召喚師アレイスター

SPYRAL GEAR-ドローン

D-HERO ディスクガイ

イビリチュア・ガストクラーケ

エルシャドール・ネフィリム

エルシャドール・ミドラーシュ

 

最後に・・・

 サモン・ソーサレスが・・・逝ってしまわれました・・・

 

 そして・・・テンペストが復活・・・なんてことだ・・・

 

それでは、あらためて記事まとめます。