シナの遊戯王相場ドットコム

シナの遊戯王相場ドットコム

遊戯王カードの相場をわかりやすく紹介するブログ

【デッキ紹介】呪眼デッキをフリー対戦で使ってもある程度許されそうなレベルで作ってみた

f:id:yugiprice:20190427112639j:plain

 

【デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズ】にて新たにカテゴリ化された《呪眼》テーマ

 

《セレンの呪眼》という装備魔法がキーカードとなり、呪眼モンスターに装備し、代償を背負いながら強力な力で相手を殲滅していくビートダウンデッキです。

 

《呪眼》テーマが登場した当時は、大会で結果を残そうと《呪眼》デッキで戦う猛者が多かったですが、現在は全盛期と比べて少なくなった印象・・・

 

しかし、ガッチガチに手札誘発ぶっこんで、駆け出しデュエル交流会や、大人のデュエル交流会などに参加すると、相手デュエリストに距離を置かれる可能性が・・・

 

そこで今回は、フリー対戦イベントで使っても、ある程度許されるレベルの《呪眼》デッキを作ってみました。

 

なおかつ、お手頃な価格で作ってみたので、安くて強いデッキを作りたいという方もぜひ参考にしてみてください。

 

ただ、管理人の作るデッキコンセプトとして【相手ターンに妨害しながら勝つ】という戦い方が好きなので、構築デッキには一部凶悪なカードが入っています。

事前にご了承下さいませ・・・

 

フリー対戦イベントでもある程度許されそうな《呪眼》デッキのレシピ

f:id:yugiprice:20190427112723j:plain


最大限に《呪眼》を利用するために、 純構築で構成。

しかし、《呪眼》モンスターの枚数は5枚しかないため、実質サーチカード《呪眼領閾-パレイドリア-》や、お手頃なドローソースカードは全力で採用し、モンスターを引けないという事故を軽減。

 

さらに、相手ターンで妨害できるよう、《神の宣告》《神の警告》《神の通告》は各2枚採用しました。

 

手札誘発入れちゃった・・・

f:id:yugiprice:20190427114352j:plain
 

結局手札誘発入れてしまいました・・・

しかし、大会などでがっつり使われる《増殖するG》や《灰流うらら》などは使わず、お手頃な価格でシングル購入することができる《エフェクト・ヴェーラー》を採用。

 

理由といたしましては、フリー対戦デッキでは、環境デッキではないものの、ぶん回し系で全て効果を通すと、制圧力の高い盤面になるデッキに遭遇することがあります。

 

そのようなデッキに対抗する手段として、効果無効にできる《エフェクト・ヴェーラー》である程度相手の動きを抑止できたら・・・という願いで3枚採用にしています。

 

 大捕り物がやはり強い・・・

f:id:yugiprice:20190427115455j:plain

 

相手が展開していく直前を、《大捕り物》でモンスターを奪い、動きを止めるのがなかなか面白いです・・・

また、相手が最終的に強力なモンスターを出したところでモンスターを奪うというのも良いですね・・・

 

超融合で相手のモンスターを除去するのもいい・・・

 

今回はエクストラは使わずとも戦える構築にしましたが、メインデッキに《超融合》を採用し、《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》《沼地のドロゴン》等の汎用性の高いモンスターで、相手モンスターを利用しながら展開するのもめっちゃ強いと思います。

 

ワンターンキルではなく、じわじわ攻めていくスタイルに

f:id:yugiprice:20190215234825j:plain

どうも、管理人のシナです。

 

フリーデュエル等で一番辛いのが、何もできずに着席ワンターンキル・・・

のような相手と全く交流できなさそうな構築をしたデッキだと思います。

 

その点、《呪眼》デッキに関しては、ワンターンキルのような動きがなく、相手と拮抗した心理戦を楽しむことができるので、おすすめしたいデッキです。

また、難しい展開を覚える必要もないので、初心者の方でも触っていただきたいです。

 

ちなみに、今回のデッキ構築でかかった金額はおよそ4000~5000円程度で、ある程度のデッキレベルに合わせることもできます。

(※大会に出るとなると、もうちょっとカードが必要ですが・・・)

 

管理人もしばらく《呪眼》デッキをさらに使い込んでみて、新たに感じたことをまとめてみたいと思います。

 

それでは・・・